ソーシャルレンディングと税金の話|確定申告をするのが無難!

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングに限らずFXや株などの”投資”で利益が出た場合は基本的に税金がかかります。会社からの給料以外に収入があるのに税金に関する知識がなくて不安な方は、とりあえず確定申告をしてしまうのが一番無難だと覚えておいてください。

今回はソーシャルレンディングに関する税金についての仕組みを解説します。できる限り簡単にお伝えしていきますので、これからソーシャルレンディングをはじめる方は一度チェックしてみてください。

ソーシャルレンディングの儲け分には税金がかかる

ソーシャルレンディングの儲け分には税金がかかる

ソーシャルレンディングの儲け分(利益)には税金がかかるの?という疑問に対しての答えは「YES!」です。利益に税金がかかるのはソーシャルレンディングが特別なわけではなく、あらゆる投資で得た利益には税金がかかります。

正確に言うと、ソーシャルレンディングの利益は「雑所得」に分類され、会社からの給料やボーナスは「給与所得」となっています。ソーシャルレンディングの利益は給料やボーナスとは別の扱いなのです。ただし、「雑所得」は”総合課税”となるため、給与所得などと合わせて支払う税金の金額を決定します。

総合課税とは、給与所得、雑所得、事業所得、一時所得、譲渡所得、不動産所得といった所得を全て合計して支払う税金の金額を算出する方法だと考えてください。

難しい用語などはさておき、サラリーマンの方を例にとって見た場合、基本的に会社からの給料やボーナス以外に収入がある場合は確定申告をするのが一番無難な選択肢であると覚えておいてください。

儲け分から自動的に「源泉徴収税」が引かれている

儲け分から自動的に「源泉徴収税」が引かれている

上記でソーシャルレンディングには税金がかかるとお伝えしましたが、ソーシャルレンディングの利益(分配金)からは自動的に「源泉徴収税」が引かれています。「源泉徴収税」とは「所得税」と「復興特別所得税」を合わせたもので、ソーシャルレンディングの利益から「所得税」が天引きされていると考えれば分かりやすいはずです。

源泉徴収税が天引きされているのはサラリーマンの方も同様で、給料の「総支給額」から税金などが天引きされて「手取り金額」になるのと同じことです。サラリーマンの方は自動的・強制的に所得税を支払う仕組みになっていると言えます。

ソーシャルレンディングでも自動的に源泉徴収税(所得税)が引かれているのであれば特に自分で何もしなくて良いのでは?と考えてしまいそうですが、実はそのままだと損をしている可能性があり、確定申告をすることでお金が戻ってくる可能性があります。

確定申告をすることでお金が戻ってくる可能性がある?

確定申告をすることでお金が戻ってくる可能性がある?

そもそも確定申告とは、所得税と復興特別所得税の本来支払うべき正確な金額を算出して支払うことです。源泉徴収税は目安としての金額を算出して天引きされており、多めに支払っている可能性があります。サラリーマンの方は年末になると「年末調整」がありますよね?年末調整は確定申告の代わりとなるもので、給料からの天引きで多く支払いすぎた税金の還付を受けることでお金が戻ってくる仕組みです。

ソーシャルレンディングの利益においても、源泉徴収税を多く支払いすぎている場合は確定申告をすることでサラリーマンの方の年末調整と同じく還付を受けることが可能です。確定申告をしてしまえば申告漏れなどの心配もなく、税金を支払いすぎている場合は返ってくる可能性もあるため、もっとも無難な選択肢だと言えます

また、ソーシャルレンディングの利益には住民税もかかってきます。住民税は特定の条件の方を除き全ての人が支払う義務があり、支払う金額を決定するために住民税に関する申告をする必要があります。ただし、確定申告をすれば住民税の申告は不要となるため、なおさら確定申告をしておくことがおすすめなのです。

確定申告が必要ない場合はどんなとき?

確定申告が必要ない場合はどんなとき?

上記では多く支払いすぎた税金の還付を受けられる可能性があり、申告漏れなども防げるため確定申告をしておくのがもっとも無難とご紹介しましたが、特定の条件を満たす方は確定申告が必要ないことも事実です。

サラリーマンの方の場合は、年末調整をしており会社からの給与以外の収入が20万円以下の場合は確定申告をする必要がありません。ソーシャルレンディングを少額で行っており、1年間の利益がそれほど多くない場合は確定申告が必要ない可能性もあるということです。

また、パートや専業主婦の方の場合は、給与所得に当たるパートのお給料が65万円以下で、なおかつソーシャルレンディングの利益(雑所得)が38万円以下の場合は確定申告をする必要はありません。

ただし、上記でも述べたように所得税とは別に住民税の申告が必要で、還付を受けられればお金が戻ってくる可能性もあるため、ソーシャルレンディングで利益をあげている場合は確定申告が必要な方でなくても確定申告をしておくことをおすすめします。

ソーシャルレンディングの利益には税金がかかるので確定申告をしよう

今回ご紹介したようにソーシャルレンディングの利益からは自動的に源泉徴収税を天引きされています。しかし、ソーシャルレンディングで利益が出ている場合は確定申告をしてくことをおすすめします。

確定申告をすると追加で余計にお金をとられるイメージがあるかも多いと思いますが、場合によってはむしろお金が戻ってくる場合もあります。申告漏れなどを防ぎ、安心してソーシャルレンディングで投資をするためにも、確定申告はしておきましょう。