ソーシャルレンディングはサラリーマンの副業になる?税金や会社にバレるのかについても解説します!

ソーシャルレンディング

サラリーマンの方にソーシャルレンディングがおすすめできるのは、放置でOK、最低1万円から投資可能、専門知識必要なしといったメリットがあるからです。また、ソーシャルレンディングはあくまで投資・資産運用のため、一般的に副業には当たりません。

今回はサラリーマン(会社員)の方向けに、ソーシャルレンディングのメリットとおすすめする理由、ソーシャルレンディングと副業の線引き、確定申告についてご紹介します。

サラリーマン投資家にソーシャルレンディング副業がおすすめな理由

サラリーマン投資家にソーシャルレンディングがおすすめな理由

サラリーマンの方が投資や資産運用をする場合、株式投資やFXなどの値動きが激しい金融商品よりも、ソーシャルレンディングのような値動きがない投資方法のがおすすめです。

なぜなら、株式投資やFXの世界では1分1秒単位で売り買いが行われており、タイミングを逃してしまうと利益を逃してしまったり、大きな損失が出てしまう場合があるからです。

一方で、サラリーマン(会社員)の方にソーシャルレンディングがおすすめできる理由は、ソーシャルレンディングのメリットが日中時間をとることの出来ないサラリーマンの方にマッチしているからです。

ソーシャルレンディングは案件に投資をしたら期間が満了になるまで放置でOKな投資です。また、ほとんどの事業者で最低1万円の少額から投資ができ、事業者(サービス)に登録して案件に投資をするだけなので専門知識が必要ありません。

投資についての知識があまりない初心者だけれども、空いた時間を利用して投資で資産運用をしたいというサラリーマンの方にはソーシャルレンディングがピッタリなのです。

サラリーマンがソーシャルレンディングをしたら副業になる?

サラリーマンがソーシャルレンディングをしたら副業になる?

上述したように、ソーシャルレンディングは投資・資産運用にあたるため、一般的な副業には該当しません。サラリーマン(会社員)の方の副業とは、本業の会社とは別の会社に所属し給料が支払われることを指す場合が多いです。

ソーシャルレンディングが副業として扱われてしまう理由は、会社の給料以外に収入が発生して確定申告が必要になるからです。ソーシャルレンディングは副収入には該当しますが、副業にはならないと考えることができます。

ただし、どこまでを副業とするかは会社の判断に委ねられることになるのも事実です。例え他の会社に所属していなくても、会社からの給与以外に収入がある場合(オークションや転売など)は全て副業とみなす場合もあります。

もし、ソーシャルレンディングが副業に該当するかを正確に判断したい場合は、自分の働いている会社の人事課や上長に相談するのが確実です。現在は働き方が多様化し、副業もだいぶ認められるようになりましたが、会社によってはまだまだNGな場合もありますので注意しましょう。

サラリーマンがソーシャルレンディングで副業していることは会社にバレる?

サラリーマンがソーシャルレンディングをしていることは会社にバレる?

サラリーマン(会社員)の方がソーシャルレンディングで投資・資産運用をしていても、基本的には会社や周りにバレることはありません。しかし、1点だけ注意するべきなのが「住民税の給料天引き制度」です。

ソーシャルレンディングで利益が出ている場合は確定申告を行う必要があり、確定申告を行うと住民税の納税額が決定します。当然のことながら、ソーシャルレンディングの収入がある場合は、会社からの給料だけの場合よりも住民税が高いはずです。

よって、住民税の支払方法を給料からの天引きにしていると、会社が住民税の金額を見て給料以外に収入があることに気づく可能性があります。ほとんどの方が住民税の支払いは給料天引き(特別徴収)になっているはずです。

もし給料からの天引き(特別徴収)ではなく、自分で支払う方法(普通徴収)を希望する場合は、確定申告の際に納税方法を選択することができますので、忘れずに普通徴収を選んでください。ただし、普通徴収の場合は払い忘れなどに十分注意が必要になります。

公務員・銀行員はソーシャルレンディングで副業OK?

ここでは、副業に関して厳しい「公務員」「銀行員」はソーシャルレンディングで副業できるのか紹介します。

公務員の場合

公務員が副業NGなのは、事業資産を運用することだと考えられます。
ソーシャルレンディングを個人資産で運用することに関しては多くの場合OKとなる可能性が高いです。

しかし、契約内容により異なるため契約書を確認したり上司などに確認してみたほうが良いと思いますよ。
ちなみに、ソーシャルレンディングをやる場合は「業務時間内にソーシャルレンディングを行う」「金銭によるトラブルが起きる行動をする」といくら副業としてOKでも何らかの問題に発展すると思われますので注意しましょう。

銀行員の場合

銀行員に関しては、判断が難しく「インサイダー取引」になることもあるので勤務先に確認してから行うことをおすすめします。
現在投資先の会社と関係無くても今後関係があった場合に、ソーシャルレンディングはすぐに投資を止めることが出来ないので慎重な判断が必要です。

ソーシャルレンディングで利益が出たら確定申告を!税金はちゃんと納めましょう

ソーシャルレンディングで利益が出たら確定申告をしよう

ソーシャルレンディングで利益が出たら確定申告をする必要があります。確定申告と聞くと難しい、面倒と考える人も多いとは思いますが、現在はネット上で書類作成が可能で、書類は郵送でOKなため非常に簡単です

また、「e-Tax」(オンラインシステム)が利用可能な方であれば、書類の郵送すら必要なく、全ての手続きを自宅にいながらネットで行うことが可能です。ただし、e-Taxを利用するにはマイナンバーカードとICカード(Suicaなど)を読み込むためのカードリーダー、もしくは事前に手続きをして設定したIDとPWが必要になります。

確定申告に必要なモノは以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 支払調書(または年間取引報告書)
  • マイナンバーカード

また、ネット上で書類を作成するには以下のサイトへアクセスして行います。
国税庁のホームページ(確定申告書等作成コーナー)

確定申告はいつ行うの?

確定申告は毎年2月16日から3月15日までに行う必要があります。源泉徴収票は年末ごろに各事業者から郵送されてきますし、支払調書は各事業者のサービスサイトで請求・ダウンロードが可能なはずです。

確定申告の必要があるにも関わらず上記の期間内で確定申告を行わなかった場合はペナルティが科せられることになっています。期限内に申告がなかった場合は「無申告加算税」、申告期限を過ぎて申告した場合は「延滞税」、隠ぺいなどをして意図的に申告を行わななかった場合は「重加算税」が科せられてしまいますので、申告し忘れには十分注意が必要です。

ソーシャルレンディングは忙しいサラリーマンの副業におすすめ!

今回ご紹介したように、ソーシャルレンディングは日中時間がとれない忙しいサラリーマン(会社員)の方におすすめの投資です。放置でOK、最低1万円から投資可能、専門知識必要なしの投資はソーシャルレンディング以外にはなかなかありません。

また、ソーシャルレンディングは一般的に副業には当たらないため、例え会社が副業禁止でも問題ないはずです。ただし、どこまでを副業として扱うかは会社によって違うため、人事や上長に会社からの給料以外に資産運用で収入があることをあらかじめ伝えておくことをおすすめします。

もし、会社にバレずにソーシャルレンディングを行いたい場合は、確定申告をきちんと行い、住民税の徴収方法を給料からの天引き(特別徴収)ではなく、自分で支払う方法(普通徴収)にしておきましょう。

サラリーマンの副業におすすめなソーシャルレンディングおすすめNo.1「Funds」

Funds

おすすめポイント

  1. これまでになかった「貸付ファンド案件」
  2. 投資家の支払う手数料が無料
  3. 全案件で投資先企業を公開

Fundsは2019年にスタートした新しいソーシャルレンディングサービス、運営会社はソーシャルレンディングの情報を発信するZuu fundingを展開する株式会社クラウドポートです。他のソーシャルレンディング会社とは異なる経緯と性質を持ったサービスと言えます。

株式会社クラウドポート自体はどちらかと言えば新興ベンチャー企業の部類ですが、大手金融機関や監査法人で勤務経験のあるメンバーが揃っており、メンバーの顔ぶれだけみれば大手企業顔負けのレベルだと言えます。

案件は全て貸付ファンド案件で、投資先の企業は貸付事業を行っている企業のみとなっています。また、Fundsでは全案件で投資先企業の情報が公開されており、ソーシャルレンディング業界の中では全ての投資先企業の詳細が公開されているのはFUndsだけです。

また、投資家は投資金の振込手数料以外に手数料を支払う必要がなく、他のソーシャルレンディング会社では当たり前のように取られている営業者報酬(管理手数料)や出金手数料がかからないのは非常に大きな特徴と言えます。現在のところ案件の利回りは1.5%〜6.0%と、他のソーシャルレンディング会社と比較して利回りが低いと言えますが、手数料がないため実質的にはいい勝負かもしれません。