ソーシャルレンディングは主婦にもおすすめ|投資初心者でも大丈夫!

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは初心者の方におすすめできる投資で、主婦の方でもチャレンジしやすい資産運用の方法として注目を集めています。最低1万円の少額から投資が可能で、専門知識が必要なく、忙しい方でも放置でOKといったメリットのある投資です。

今回は、なぜソーシャルレンディングが主婦の方におすすめなのか、どういった注意点やデメリットがあるのか、おすすめの事業者(サービス)はどこかをご紹介します。これからソーシャルレンディングにチャレンジしようと考えている主婦の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ソーシャルレンディングが主婦におすすめな理由

ソーシャルレンディングが主婦におすすめな理由

ソーシャルレンディングが主婦の方におすすめなのは以下のようなメリットがあるからです。

  • 時間がなくても放置でOK
  • 専門知識は必要ない
  • 初心者でも簡単に投資が可能
  • 最低1万円の少額から投資可能

ソーシャルレンディングは案件に投資をした後は放置でOKのため、デイトレーダーのように常にパソコンの前に張り付いている必要はありません。主婦の方は比較的自宅にいる時間が長いと言っても、常に何かしらの家事や育児に追われているはずですので、放置でOKなソーシャルレンディングは非常におすすめです。

また、ソーシャルレンディングには株式投資やFX、先物取引などのように専門知識や為替・相場を読むスキルなどは必要はなく、サービスに登録して口座を開設すればすぐに投資が可能です。さらに、最低投資金額は1万円に設定されていることが多いため、生活費の中でやりくりをすることもできます。

空いた時間で手軽に投資を始めたいと思っているけれど、投資・資産運用について知識や経験はほとんどなく、それほど資金も多くないといった主婦の方の場合でも、ソーシャルレンディングであればコツコツと資産を増せる可能性があります

日中時間が取れると美味しい案件に投資できる可能性がある

ソーシャルレンディングでは利回りが高い・投資期間が短いといった”美味しい案件”は、募集が開始されてすぐに埋まってしまう状況が発生します。しかし、日中に時間の融通がきく主婦の方であれば、サラリーマンの方などがタイミングを逃してしまう”美味しい案件”に投資できる可能性が高くなるので有利です。

サービスにより異なりますが、新しい案件の募集が開始されるとメールなどで通知をもらうことができるため、すぐに対応できる状況であれば”美味しい”条件の新規案件に投資できるかもしれません。

主婦のソーシャルレンディング投資は税金に注意

主婦のソーシャルレンディング投資は税金に注意

主婦の方がソーシャルレンディングで投資・資産運用をする場合に注意していただきたいのが、税金や確定申告などです。ソーシャルレンディングに限らず、投資を行う場合は年間で38万円がポイントになると覚えておきましょう。

日本には「基礎控除」という仕組みがあり、年間38万円以内の所得には所得税がかからないルールとなっています。もし、パートやアルバイトなどの収入がない場合、ソーシャルレンディングの利益が年間38万円以内であれば所得税がかからないのです。

もし税金がかからない範囲内で少しずつ投資をしたいと考える場合は、年間の利益が38万円以内になるよう調整しましょう。ソーシャルレンディングは案件ごとに利回りがあらかじめ定められているため、利益が計算しやすいのもメリットです。ただし、公表されている案件の利回りはあくまで「予定利回り」であることには注意をしてください。

確定申告をすれば払いすぎた税金が返ってくる

ソーシャルレンディングでは利益が振り込まれる際に自動的に20.42%の「源泉徴収税」が引かれています。源泉徴収税とは「所得税」と「復興特別所得税」の合計のことです。上記ではソーシャルレンディングの利益が年間38万円以下であれば所得税がかからないとご紹介しましたが、自動的に源泉徴収税(所得税)が引かれてしまいます。

なぜこのような状況が起きるかと言うと、国は税金を多めに徴収して、最終的に正確な納税額を算出し、多く取りすぎてしまった分を還付する(返す)方法を取っているからです。サラリーマンの方は年末調整でお金が戻ってくることがあると思いますが、その理由は給料からの天引きで本来支払うべき納税額よりも多めに税金が引かれているからです。

主婦の方は会社に所属していないため年末調整を受けることができませんので、「確定申告」が必要になります。確定申告を行い年間の所得が38万円以下であることを証明することで、ソーシャルレンディングの利益から多めに天引きされた源泉徴収税が還付されます。

ソーシャルレンディングにはデメリットもある

ソーシャルレンディングにはデメリットもある

ここまではソーシャルレンディングのメリットと仕組みをご紹介しましたが、ソーシャルレンディングにはデメリットが存在することも事実です。具体的には以下のようなデメリットに注意する必要があります。

  • 元本保証がない(デフォルトのリスクがある)
  • 詐欺まがいの事業者・案件もある
  • 投資先企業の詳細情報が公開されていない

ソーシャルレンディングはあくまで投資であるため、必ず儲かる(利益が出る)とは限りません。中には投資先の企業が返済できない状況となり、投資したお金の全部または一部が戻ってこないケースがあるため、無理のない範囲で投資を行うことが大切です

また、ソーシャルレンディング事業者の中には裁判沙汰になるような事業者があるのも事実です。具体的にはラッキーバンクやみんなのクレジットなどは、投資家から集めた資金を不正に利用するなどして、最終的に数十億円もの資金が返済されていない状況です。

上記のような詐欺まがいの事業者が出てきてしまう原因のひとつには投資先業の「匿名化」が関係しています。匿名化とは投資先業の情報が公開されておらず、具体的にどのような企業に投資をするのかが分からない状態で案件を選ぶ必要があるのです。

ただし、2019年3月に金融庁から匿名化解除の見解が公表されましたので、今後は匿名化をする必要はなくなります。クラウドクレジットなどを筆頭に、一部の事業者では投資先企業の情報が公開されはじめているため、今後の業界全体の動きに注目です。

主婦こそソーシャルレンディングで資産運用しよう

主婦こそソーシャルレンディングで資産運用しよう

今回ご紹介したように、ソーシャルレンディングは専門知識が必要なく、最低投資金額が1万円からとなっており、放置でOKなため、主婦の方が投資・資産運用をするのにおすすめできる投資です。ソーシャルレンディングの利益を含めて年間38万円以内の所得であれば所得税もかかりません。

ソーシャルレンディングは投資であるため少なからずデメリットがあることにも注意をしながら、ぜひこの機会にソーシャルレンディングで少しずつ資産運用を始めてみてください。

ソーシャルレンディングで主婦におすすめの事業者

クラウドバンク

【おすすめポイント】

  1. 融資元本回収率100%
  2. 実績平均利回り6.99%
  3. 証券会社が運営

実績として、2019年8月で応募総額611億円突破、実績平均利回り6.99%、融資元本回収率100%の超優良なサービス。

特に注目したいのは融資元本回収率100%の部分で、少なくともこれまでに貸し倒れ(デフォルト)などで元本が目減りしたことがなく、クラウドバンクの案件に投資をして損をした投資家はいないことになります!!
案件の安定性、運営企業の信頼性については折り紙つきです。

コツコツと確実に資産運用をしたい主婦の方などにはもっともおすすめできる事業者です。

➡︎クラウドバンク公式サイトへ